フェイスタオルの手入れについて - 災害時に役立つフェイスタオル利用法

フェイスタオルの手入れについて

subpage1

フェイスタオルは、日常使うことが多く気持ちよく手入れしておきたいものです。


手入れがいいと長く使えます。
お気にいりのフェイスタオルは、愛着があります。
長持ちさせたいものです。

フェイスタオルをより長く、気持ちよく使うためにはどうすればいいのでしょうか。

まず買ってすぐは、そのまま使えます。
一度洗ったほうがと思われる方もいますが、洗わないでください。



素材そのままの気持ちよさを大事にしてください。

目的に応じたガジェット通信情報がさらにわかりやすくなりました。

原材料選びから、糸の晒しや、染色方法にもこだわっているので、そのこだわりを洗わないでまず感じてください。
洗濯をする際にこだわることは、粉石けんや天然油脂素材の洗剤を使うことです。

風合いを維持するためには、粉せっけんや天然油脂素材のもので柔らかい洗濯を心掛けてください。塩素系漂白剤や蛍光増白剤の入った洗剤は生地を傷めますので使わないでください。液体の合成洗剤は、少量でゆすぐだけにしましょう。

柔軟剤については、耐水性をもたすためには柔軟剤は使わないでください。
繊維を滑らかにする作用はありますが一方で繊維が水をはじきやすくなるので、吸水性の低下につながります。
乾燥の仕方は、タオルをぱたんぱたんとよく振ってから日光のあたる風通しのよい場所に干してください。乾ききる前に、陰干しに異動するのが理想的です。

こうして乾かすとタオルの温度が適度に下がり、過乾燥による風合いの劣化を防ぐことができます。



脱水した後、ぺちゃんこになったタオルは、両端をもってパタパタさせしっかりと空気を含むようにパイルを立たせてから干すと、ふっくらとした風合いが長持ちします。


日常の手入れは、パイル抜けは、はさみで根元からきってください。

タオルを使った後は、濡れたままにせずに振って乾かすことを心掛けましょう。